第4回 宮島ブックトレイル

終了しました。

今年も10月に宮島ブックトレイルを開催します。
今年のテーマは「本と旅」。
誰かの手から手に、時間と場所を越えて旅する本の旅。
そんな本と出会いに、宮島を旅してみませんか。

「宮島ブックトレイル」とは、「一箱に入るだけ」をルールに
古本を販売するフリーマーケット形式のイベントです。
本や雑貨駅のように点在させて販売します。
 
観光地である宮島を、本という視点でめぐってみれば、
いつもと違う風景や物語に出会えるかもしれません。
 
「銀河鉄道の夜」と称して同じ列車で過ごす本の旅、
列車に乗って本の宇宙(そら)を楽しんで頂けたら幸いです。
 
 
 
第4回 宮島ブックトレイル 「銀河鉄道の夜」

場所 宮島の町家通り ターミナルは厳妹屋
日時 2014年10月18日(土) 
11:00~16:30 宮島をめぐる一箱古本市 
18:00~19:30   ブックトーク「計画通りにはいかなかったかもしれない」
満席になりました。
(雨天決行)
 
*この古本市は、2005年から東京の谷中・根津・千駄木で行なわれている「不忍ブックストリートの一箱古本市」を参考にしました。http://sbs.yanesen.org/

後援 一般社団法人 宮島観光協会
 
「西日本の素敵な宿 高枕」の大前と「84」大田がお手伝いをします。
問い合わせ  booktrail84@gmail.com
 
 
 
 
 
 
 

第3回 宮島ブックトレイル

終了しました。

今年も10月に宮島ブックトレイルを開催することになりました。
 
「宮島ブックトレイル」とは、「一箱に入るだけ」をルールに古本を販売するフリーマーケット形式のイベントです。様々な分野で活躍されている箱主さんが選んだ古本を列車の走っていない宮島に駅のように点在させて販売します。
今年のテーマは「ほんとのであい」。
本に出会うこと、本当に出会うことを考えてみたいと思っています。
ブックトレイルのきっかけになった本、宮澤賢治の没後80年ということもあり、改めて紹介もしてみたく。

‘銀河鉄道の夜’と称して一晩同じ列車で過ごす本の旅
列車(=宿)に乗って本の宇宙(そら)を
楽しんで頂けたら幸いです。
第3回 宮島ブックトレイル

場所 宮島の町家通り
日時 2013年10月19日(土) 
   11:00~16:00 宮島をめぐる一箱古本市 
   18:00〜     青木隼人 ギター演奏会 満席
   (雨天決行)

*この古本市は、2005年から東京の谷中・根津・千駄木で行なわれている「不忍ブックストリートの一箱古本市」を参考にしました。http://sbs.yanesen.org/

 

【宮島ブックトレイル運営】 
「西日本の素敵な宿 高枕」大前と「84」大田がお手伝いをします。
お問い合わせ booktrail84@gmail.com

 

 

 

 

第2回 宮島ブックトレイル

終了しました。

  今年も10月に宮島ブックトレイルを開催することになりました。

 

「宮島ブックトレイル」とは、

「一箱に入るだけ」をルールに古本を販売する

フリーマーケット形式の古本市のイベントです。
古本や雑貨を列車の走っていない宮島に

駅のように点在させて販売します。


日没後は、sarasvati (サラスヴァティ) で、ランテルナムジカによる
幻燈会「オルガンと幻燈と星の音楽」(3,500円 ワンドリンク付き)を

開きます。

第2回 宮島ブックトレイルに彩りと音を添えてくれることでしょう。


星と星をつなげて星座ができるように、

本を開いて新しい世界に出会うように、

新しい物語がどこかでそっと動き出しますように。

‘銀河鉄道の夜’と称して一晩同じ列車で過ごす本の旅
列車に乗って本の宇宙(そら)を
楽しんで頂けたら幸いです。

 

第2回 宮島ブックトレイル

 

場所 宮島の町家通り
日時 2012年10月20日(土) 
   11:00~16:00 一箱古本市 
   18:00~ランテルナムジカによる幻燈会

    (雨天決行)

*この古本市は、2005年から東京の谷中・根津・千駄木で行なわれている「不忍ブックストリートの一箱古本市」を参考にしました。http://sbs.yanesen.org/

 

【宮島ブックトレイル運営】 
「西日本の素敵な宿 高枕」大前と「84」大田がお手伝いをします。
お問い合わせ booktrail84@gmail.com

 

運営は有志のボランティア数名で行っております。本が好きでボランティアでお手伝いをしても良いよと言う方は、ご連絡ください。

→おかげさまでたくさんの方に手を挙げていただきました。

 一旦、ボランティアの応募は締め切ります。

 ありがとうございました。