町家通り

10月になりました。こつこつと準備を進めています。今回舞台になる町家通りは、賑やかな表参道商店街が出来る前の古い参道でした。宮島の家屋の特徴である町家が多く残っていて、のんびりとした空気が漂う好きな通りです。

宮島をめぐる一箱古本市ではこの町家の軒下、あるいは町家の中に古本屋さんを点在させるので、是非古くから大切にされてきた建物も楽しんで欲しいと思っています。軒下の庇を支える「持ち送り」という部分の装飾や格子戸、中の土間や吹き抜けの天井など、宮島ならではの面白い特徴がありますよ。じっくり見てみてください。

写真は、町家通りに貼られたフライヤー。鹿がいるので食べられないように工夫をして貼ってもらっています。古い町並みを彩るポスター。嬉しい気分とともに、いろんな人の協力があって成り立っているイベントだということを改めて感じています。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。